会長挨拶

平成31年2月 

 県内御寺院様には、日頃より当会に対し多大なるご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 本年より群馬県曹洞宗青年会会長の任を拝命いたしました、神流町慈恩寺住職 山内圭道と申します。

 新体制のもと、2月には通常総会が開催され今年度の事業計画等が検討・決定し、五十七年目の新たな一歩を踏み出しました。
会発足から続く伝統ある『群馬緑蔭禅の集い』をはじめ、未来を担うこども達のための『こども禅の集い』、皆様のご協力のもと開催されます『チャリティーバザー』、さらにボランティア活動や支援、広報誌、ホームページ作成、各種研修会、親睦行事など様々な行事や事業が計画されています。

群曹青の原点は、青年僧の若さを持って眼前の事に真摯に向き合う、その姿勢です。様々な行事や事業に会員諸兄が一丸となり、愚直に行ずる姿勢を崩さずに臨みます。また、私たち青年僧の自己研鑽を図り、さらには宗門や社会に貢献していきたいと考えております。

私自身、若輩者ではございますが、これまで諸先輩方に学ばせて頂いた多くの事を糧とし、伝統ある会を次代に繋げてまいります。そして、さらなる発展と研鑽の場としての充実を目指し、会員諸兄と共に精進してゆく所存でございます。

今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう伏してお願い申し上げまして、挨拶とさせて頂きます。

群馬県曹洞宗青年会 会長
山内 圭道  合掌

平成30年度会長挨拶

平成29年度会長挨拶

平成28年度会長挨拶

GSYA All Rights Reserved.